ホホバオイルとは!?

ホホバオイルとは!?

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

 

ホホバオイルとは!?

 

ホホバオイルは、ホホバの木の実から搾り採取します。

 

このホホバの実は、一見するとコーヒー豆のようにも見えます。

  ホホバオイルの実

 

アルゼンチン、オーストラリア、チリ、エジプト、メキシコ、イスラエルなどの砂漠地帯の過酷な気象条件で育ち、そのため水分の蒸発を防ぐ保湿力、細菌に対する抵抗力、酸化しにくいという特徴をもっています。

 

  ホホバオイルの木

 

ホホバオイルには、天然トコフェロール、アミノ酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEが豊富に含まれており、かつホホバオイルの分子構造から人の肌質に合う「美容液」「保湿液」として最も理想的と言われています。

 

もともとは、先住民族たちがその効果に着目し、ホホバオイルを「金の液」と呼び、肌や髪など、様々な目的に使用していましたが、その優れた効果は昨今世界中で注目されるようになりました。

 

 

 

 

肌荒れを防ぎ、肌や髪にツヤとハリを与る!

 

肌のツヤはハリを保つ重要な役割をしているのが皮脂の『ワックスエステル』です。

 

この『ワックスエステル』は、外界からの異物の進入を防いだり、体内から水分及び電解質の損失を防ぐ保湿機能をもっています。

 

この皮脂が分泌されないとさらに肌が乾燥し、荒れてしまいます。

 

ホホバオイルにはこのワックスエステルが多く含まれており、350.000種の植物を鑑別した結果でも多量のエステルを含む植物はホホバ以外にはありませんでした。

 

ホホバオイルは、肌や髪に不足しているワックスエステルを補充し、乾燥や異物から守り潤いを保つ事により、肌荒れを防ぎ、肌や髪に本来のツヤとハリを与えます。

 

 

アトピーにも効果があるホホバオイル

 

アトピーの悪化の要因として、肌のバクテリア(黄色ブドウ球菌)付着や異物の侵入があります。

 

その黄色ブドウ球菌がアトピーの炎症を引き起こす大きな原因のひとつであると言われていますが、ミシガン大学の研究結果から「カンジダ菌、ブドウ球菌アウレウス(黄色ブドウ球菌)やシュードモナス菌を含む、一般的な皮膚に悪影響を及ぼすバクテリアのうちの5つが、ホホバオイルの中で生き残ることができない」ことが明らかになりました。

 

またポートエリザベス大学でも「ホホバオイルはブドウ球菌やシュードモナス菌を1時間15分以内に破壊した」ことを発表しています。

 

これらの大学の研究で知られているとおり、ホホバオイルは、アトピー肌のスキンケアにおいて理想的なオイルとも言えるのです。

 

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket